プロフィール

1970年代5月のとある晴れた日に、アンディはイザール川のほとりにあるミュンヘン病院でこの世に誕生しました。
彼は地元の民謡音楽を愛する音楽一家で育てられました。そんな環境の中、彼は初心者に人気のフルートなどではなく初めての楽器として“シュープラッテルン”という楽器に親しみました。そして二年後にクラリネットを学ぶことにしたのです。しかしながら、こういった楽器への熱意は教える人が悪かったわけでもないのに、それほどアンディの好奇心を掻き立てることなく終わってしいました。

それからアンディは音楽を聴くことに興味を持つ年代になりました。ほとんどのお小遣いはレコードやカセットに費やされたのです。お気に入りはビートルズやビージーズ、そして60年代に流行った様々なバンド音楽でした。でもバイエルン地方の方言で歌うFredl Feslという地元の人気バンドにアンディはのめり込んで行きました。
とは言うものの、14歳という年齢では音楽活動よりスポーツの方がずっと人気がありました。アンディはバイエルン地方のレスリングチャンピオンになったのです。ジョニー・キャッシュ大ファンで彼以上のギタリストはいないと信じている学友のOlliとデュオのを組みました。アンディはダブルバスを、そしてOlliはギターを弾きながらジョニー・キャッシュの歌を歌いました。
シェフとしてトレーニングを積んだあと、アンディは20歳ぐらいの時に、その後天職となるギターの演奏に真剣に取り組むようになりました。
この時期に初めて自作のドイツ語のポップ曲を作詞しました。作詞に才能を見出し、未だ発表されていないほどの沢山の詩を作詞したのです。
ミュージシャンとしての経歴と並行して彼はレスリングも続け、たまたま偶然に相撲の世界を発見したのです。そして初めてのドイツ大会で軽量級のチャンピオンになったのです。それをきっかけとし、東京で開催された相撲世界選手権大会に参加しました。
四年間の間、アンディはドイツ・アマチュア相撲のナショナルチームの一員で、国内や国外の様々な大会で優勝しました。

初めての日本への旅行で彼は日本食への情熱を見出し、その後日本食のパーティ用ケイタリングサービスを始めました。それがまたしても偶然の出会いを生みました。ドイツ最大の音楽業界の仕出し業者と知り合い、AC/DC AHA LIMP BiZkit Ozzy Osbourne Allanis Morisette Anastacia などのコンサートのバックステージで寿司などにの日本食を仕出しするようになりました。

こういった有名なスターたちの下で働く傍ら、彼は音楽に対する情熱も見出しました。あるときはLimp Bizkit Wes Borland

ミュンヘンにある著名なギター学校の二年間に渡るトレーニングを終えた後、シェフとしての道から音楽家へと転向することを決心しました。